G右翼手若林が一歩も動けず…柳田悠岐2ランでソフトバンク即逆転『打った瞬間』わかる“衝撃の一撃”

2020年11月25日 19時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回裏1死二塁、柳田が逆転2ランを放つ

1回裏1死二塁、柳田が逆転2ランを放つ

  • 1回裏1死二塁、柳田が逆転2ランを放つ
◇25日 SMBC日本シリーズ第4戦 ソフトバンク―巨人(ペイペイドーム)
 ソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が衝撃の一撃を右翼席に突き刺した。今シリーズで初めて先制を許した直後の初回、1死二塁から巨人の先発畠の初球を完璧にとらえ、右翼手の若林が一歩も動けない“打った瞬間”の逆転2ランになった。
【関連記事】巨人2年連続4連敗は日本シリーズ史上初 4試合トータル「4対26」完全敗北
 柳田は広島と対戦した2018年の第5戦、昨年の第2戦に続く3年連続の日本シリーズ弾。3連勝で王手をかけているパ・リーグ王者がすぐにリードを奪い返した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ