ドローン安全飛行祈願 新城の車神社、県内外から20機

2020年11月25日 05時00分 (11月25日 15時25分更新) 会員限定
 自動車やバイクの安全祈願で親しまれる新城市富岡の車神社で十四日、ドローンの安全祈願祭が執り行われた。昨年から始まり二回目で、同神社によると、ドローンの安全祈願祭は全国でも珍しいという。
※ 安全祈願祭の動画はこちら
 ドローンを活用する三河地方の企業などでつくる「みかわドローン協会」と日本道路システム(岡崎市)が主催。新城市と市消防本部が自然災害対応や行方不明者の捜索などに活用する予定の二機を含む、県内外の十一組二十機が参加した。社殿内に並べられたドローンが禰宜(ねぎ)からおはらいを受けた後、参加者代表が玉串をささげて、安全な飛行を祈った。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧