小牧市民病院でミス、市が2件損害賠償へ 議会定例会に関連議案

2020年11月25日 05時00分 (11月25日 15時05分更新) 会員限定
 小牧市は二十四日、市民病院で四十代男性の肺がん見落としと、心筋梗塞の恐れのあった七十代男性を帰宅させる医療事故があったと発表した。その後、患者は死亡し、市は損害賠償として遺族にそれぞれ二千五百八十七万円と三百三十万円を支払う。三十日開会の市議会十二月定例会に関連議案を提出する。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧