PS10発大活躍のレイズ・アロザレーナが離れて暮らす娘を誘拐しようとした容疑などで逮捕

2020年11月25日 12時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年のワールドシリーズ第4戦、ドジャース戦の9回、サヨナラの生還を果たしたレイズのアロザレーナ(中央)=AP

今年のワールドシリーズ第4戦、ドジャース戦の9回、サヨナラの生還を果たしたレイズのアロザレーナ(中央)=AP

  • 今年のワールドシリーズ第4戦、ドジャース戦の9回、サヨナラの生還を果たしたレイズのアロザレーナ(中央)=AP
 今季のポストシーズン(PS)で史上最多の10本塁打を放ったレイズのランディ・アロザレーナ外野手(25)が、メキシコのメリダで離れて暮らす娘を誘拐しようとした容疑などで警察当局に逮捕、拘束された。24日の現地紙ユカタンアオーラ(電子版)などによると、前妻との間に設けた女児を連れ去ろうとして、前妻の父を殴るなどした。
 同紙が添付した動画では、女児を抱っこしたアロザレーナが女性と言い争う姿が映っている。アロザレーナは今月、コロンビア人の女性と再婚していた。
 球団地元紙タンパベイタイムズ(電子版)によると、レイズは同日、「アロザレーナがメキシコで拘束されたことは承知している。情報を収集中で、現時点でこれ以上のコメントはない」との声明を発表。大リーグ機構も家庭内暴力(DV)規定の違反に相当するか調査中だ。
 キューバ出身のアロザレーナは新人の今季、23試合で打率2割8分1厘、7本塁打、11打点。PSは20試合で打率3割7分7厘(77打数29安打)、10本塁打、14打点と大爆発。チームを12年ぶり2度目のワールドシリーズ進出に導いて一躍スターダムに駆け上がり、ハリウッドがドキュメンタリー映画化を検討していると報じられていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ