高速バス座席にバイザー 信菱電機開発、信南交通が導入へ

2020年11月25日 05時00分 (11月25日 12時11分更新) 会員限定
前後と隣同士の乗客の飛まつ感染を防ぐ「シートバイザー」=飯田市で

前後と隣同士の乗客の飛まつ感染を防ぐ「シートバイザー」=飯田市で

  • 前後と隣同士の乗客の飛まつ感染を防ぐ「シートバイザー」=飯田市で
 家電製品などを製造する「信菱電機」(飯田市)は、新型コロナウイルス感染対策商品として、バスの座席に装着して前後と隣同士の乗客の飛まつ感染を防ぐ「シートバイザー」を開発した。「信南交通」(同市)が運行する高速バス全二十三台に順次導入される。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧