「犬追物図屏風と江戸絵画」初公開 福井県立美術館で特別展

2020年11月25日 05時00分 (11月25日 13時36分更新) 会員限定
県立美術館が収集後、初めて一般公開した「犬追物図屏風」(右)、左は対で制作された兵庫県尼崎市教委所蔵の屏風=福井市の県立美術館で

県立美術館が収集後、初めて一般公開した「犬追物図屏風」(右)、左は対で制作された兵庫県尼崎市教委所蔵の屏風=福井市の県立美術館で

  • 県立美術館が収集後、初めて一般公開した「犬追物図屏風」(右)、左は対で制作された兵庫県尼崎市教委所蔵の屏風=福井市の県立美術館で
 特別展「犬追物図屏風(びょうぶ)と江戸絵画名品展」が、福井市の県立美術館で開かれている。同館の収集後、初公開となる犬追物図や江戸絵画の名品三十五点を展示している。十二月二十日まで。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧