東氏が山城で風雅な暮らし 郡上市教委、篠脇城跡の調査結果発表

2020年11月25日 05時00分 (11月25日 11時23分更新) 会員限定
出土した陶磁器片=郡上市役所で

出土した陶磁器片=郡上市役所で

  • 出土した陶磁器片=郡上市役所で
  • 試掘の現場=郡上市大和町の篠脇城跡で(市教委提供)
 中世の郡上支配の拠点となった山城跡「篠脇城跡」(郡上市大和町)を調査している市教委は二十四日、曲輪跡などから陶磁器片や石製品が出土したと発表した。応仁の乱後、支配者の東氏(とうし)が居館を山麓から篠脇城に移し、山上で風雅に暮らしたことを示すという。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報