中日・大野 開幕ダッシュへ“前倒し”始動! 沢村賞受賞で注目度上昇 「もっとしっかりしないと」

2020年11月25日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
沢村賞に選ばれてから一夜明け、キャッチボールする大野雄

沢村賞に選ばれてから一夜明け、キャッチボールする大野雄

  • 沢村賞に選ばれてから一夜明け、キャッチボールする大野雄
 “前・前倒し”の超速トレだ。中日・大野雄大投手(32)が24日、ナゴヤ球場でトレーニングした。沢村賞受賞決定から一夜明けた左腕の目線はすでに来季。今季より約10日間早い沖縄自主トレを行い、そのまま沖縄キャンプに突入するプランを明かした。開幕スタートダッシュに失敗した今季の反省を生かす。
   ◇   ◇
 注目度の上昇は、背負う責任の重さに対する自覚と比例する。「ボクはそういうタイプです」と大野雄。最優秀防御率と最多奪三振の2冠、そこに沢村賞が加わって「もっとしっかりしないと」と気を引き締める。では、何をするのか。
 意識はスケジュールを動かす。年明けの三が日を地元・京都でゆっくり過ごしたら、恒例の大文字山を駆け上がる。恒例行事を終えれば、前倒しは一気に加速する。
 今季コロナ禍で日程変更になる前、開幕は3月20日の広島戦(マツダ)に設定されていた。その時でさえ、沖縄へ飛んだのはチームより早い1月20日だった。来季の開幕は3月26日の敵地・広島戦。来季の開幕は今季より1週間遅くなったが、沖縄へ飛ぶのは約10日早める。来年1月、今季のスケジュールからさらに前倒しとなる。
 すべては開幕ダッシュを果たすため。今季、開幕から1カ月間で登板5戦で0勝3敗、防御率4・04だった。これを劇的に変えたい。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ