Snow Man・岩本照「バキバキ腹筋堪能して」猛アピール!”ハダカ一色”「腹筋太鼓」は迫力満点

2020年11月25日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」の完成披露イベントを行ったSnow Manの(左から)深澤辰哉、岩本照、向井康二、ラウール、阿部亮平、目黒蓮、宮舘涼太、渡辺翔太、佐久間大介=東京・国立新美術館で

「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」の完成披露イベントを行ったSnow Manの(左から)深澤辰哉、岩本照、向井康二、ラウール、阿部亮平、目黒蓮、宮舘涼太、渡辺翔太、佐久間大介=東京・国立新美術館で

  • 「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」の完成披露イベントを行ったSnow Manの(左から)深澤辰哉、岩本照、向井康二、ラウール、阿部亮平、目黒蓮、宮舘涼太、渡辺翔太、佐久間大介=東京・国立新美術館で
 9人組アイドルグループ「Snow Man」が24日、東京・六本木の国立新美術館で単独初主演映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」(12月4日公開、滝沢秀明監督)完成記念イベントを開いた。
 昨年の舞台「滝沢歌舞伎 ZERO」に新たな撮影を加えて初の映画化。全員が紋付きはかまの和装姿で登場し、リーダーの岩本照(27)は「今の時代にピッタリな究極の和のエンターテインメント」と紹介。目黒蓮(23)は「映画に出るのが初めてで、大きなスクリーンに出ているのが不思議だった。映画でも舞台でもない新しいジャンルで楽しかった」と感想を語った。
 見どころの「腹筋太鼓」は“ハダカ一色"の圧巻映像で、岩本は「バキバキにしといたんで腹筋も堪能して」と猛アピール。ラウール(17)も「岩本クンの腹筋はヘンな方向に浮き出てる」と珍アピールで盛り上げた。
 1月のCDデビューから12月の初主演映画公開、さらには年末の紅白初出場と充実の1年を漢字一字で「感」と表現した岩本は「たくさんのことを感じた。感謝の気持ちも込めた。たくさんのパフォーマンスを体感してほしい」と説明。他のメンバーたちから「メチャメチャいい」「ヤバい」と歓喜の声が上がり、向井康二(26)は「オレが言ったことにできませんか?」と笑わせた。
 メンバーそれぞれが今年の思い出を振り返る中で、渡辺翔太(28)は「今年の思い出は“腰痛"ですかね」とポツリ。「駆け抜けた証しなのかな? 今年急に腰痛が…いまイタいんですよ」とまじめに告白していた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ