GoTo OEK 「イベント」対象、2割引き

2020年11月25日 05時00分 (11月25日 10時11分更新)
OEKの定期公演に向けてリハーサルするバイオリン独奏の渡辺玲子さん(左から2人目)=金沢市の県立音楽堂で

OEKの定期公演に向けてリハーサルするバイオリン独奏の渡辺玲子さん(左から2人目)=金沢市の県立音楽堂で

  • OEKの定期公演に向けてリハーサルするバイオリン独奏の渡辺玲子さん(左から2人目)=金沢市の県立音楽堂で

あすからの音楽堂16公演

 オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の定期公演が二十六日午後七時から、金沢市の県立音楽堂で開かれる。この公演を含め、来年一月三十日にかけて県音楽文化振興事業団が音楽堂で主催する十六公演が、政府の需要喚起策「Go To イベント」の対象となり、チケットが二割安くなる。 
 今回の定期公演は、新型コロナウイルスの感染拡大で来日できなくなった海外演奏家に代わり、指揮を俊英の園田隆一郎さん、バイオリンは世界的に活躍する渡辺玲子さんが担う。
 プログラムは、ロッシーニ歌劇「アルジェのイタリア女」序曲、メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲、モーツァルトの交響曲第四十一番「ジュピター」。
 渡辺さんは今年、日本音楽財団から貸与された一七三五年製のストラディバリウス「サマズィユ」で初めて協奏曲で演奏する。二十四日、音楽堂で会見し「劇的なメンデルスゾーンの協奏曲を聴いてもらいたい」と強調。リハーサルに臨んだ。
 「Go To イベント」の割引は、購入済みのチケットは対象外。購入の際に住所、氏名を記入する同意書が必要になる。一公演につき一人五枚まで割引で購入できる。(問)県立音楽堂チケットボックス076(232)8632 (松岡等)

関連キーワード

PR情報