“滑らない”お守り 今年も受験生応援 氷見の火神社

2020年11月25日 05時00分 (11月25日 10時02分更新)
合格祈願のお守りをおはらいする神職=氷見市胡桃で

合格祈願のお守りをおはらいする神職=氷見市胡桃で

  • 合格祈願のお守りをおはらいする神職=氷見市胡桃で
 幾度の地滑りにも被害を受けなかった氷見市胡桃(くるみ)の火神社で24日、受験に“滑らない”お守りの御霊遷(みたまうつ)しの儀が行われた。25日から頒布する。
 石川県境の山間地にある胡桃地区は地滑りが繰り返し発生したが神社は無事。1964年の大地滑りでも、土砂は神社を避けるように流れたという。これにあやかって2007年から境内のスギを使ってお守り作りを始めた。合格祈願や自動車のスリップ回避に御利益があるとされる。
 お守りは胡桃自治会が色とりどりの布を持ち寄って手作りしたものと、刺しゅう袋に赤めのう石を付けた2種類。「一ぱつでゴーゴー」の語呂合わせで各185袋を作った。絵馬は55枚用意。神社でそれぞれ税込み1000円で無人頒布するほか、同市磯辺のJA氷見市八代支所でも扱う。受験合格祈願米(1.8キロで2000円)もある。
 胡桃自治会事務局の森昭市さん(72)は「新型コロナが心配だが、前回は今年1月中旬になくなり、県内外からお礼の手紙が届いた」と験担ぎを呼び掛ける。収益は神社の維持管理に充てる。 (小畑一成)

関連キーワード

PR情報