仁志敏久さん「悲しさと寂しさでいっぱい」恩師・木内幸男さんしのぶ DeNA2軍監督就任を入院前日に報告

2020年11月24日 20時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
イベントで同席する木内さん(左)と仁志さん(右)=2018年

イベントで同席する木内さん(左)と仁志さん(右)=2018年

  • イベントで同席する木内さん(左)と仁志さん(右)=2018年
 取手二高や常総学院(ともに茨城)の野球部監督を歴任し、春1回、夏2回の甲子園優勝に導いた木内幸男さんが24日、肺がんのため死去した。89歳だった。
 常総学院時代の教え子で、来季からDeNAの2軍監督に就任する仁志敏久さん(49)が球団を通じて「木内さんには入院前日に会いに行きました。既にご存じでしたが、そこで来季よりユニホームを着ることをご報告させていただきました。思い出は話せば尽きません。覚悟はしていましたが、今は悲しさと寂しさでいっぱいです。心よりご冥福をお祈りいたします」とコメントを寄せ、恩師をしのんだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ