中日・根尾が今リーグ初2試合連続安打!「初球を狙ってました」ヤクルト寺島の配球“読み勝ち”

2020年11月24日 19時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏2死、根尾が中前打を放つ

6回裏2死、根尾が中前打を放つ

  • 6回裏2死、根尾が中前打を放つ
◇24日 みやざきフェニックス・リーグ 中日0―8ヤクルト(アイビー)
 中日・根尾昂内野手(20)が今リーグ初となる2試合連続安打をマークした。先発した左腕・寺島の前に左飛、中飛と凡退した後の6回の第3打席。2死から初球カーブを狙い澄まし、中前へ鋭い当たりではじき返した。
 「ずっと真っすぐ、スライダーだけだったので(初球を)狙ってました」。8回は右腕・大下と対戦し、フルカウントから空振り三振に倒れ、この日は4打数1安打だった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ