巨人“シリーズ初リード”のチャンス逃す…坂本空振り三振、直球3球勝負で岡本がドン詰まり

2020年11月24日 19時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回表1死二塁、坂本が空振り三振に倒れる

1回表1死二塁、坂本が空振り三振に倒れる

  • 1回表1死二塁、坂本が空振り三振に倒れる
◇24日 SMBC日本シリーズ第3戦 ソフトバンク―巨人(ペイペイドーム)
 連敗スタートの巨人が絶好の先制機を逃した。京セラDでの第1戦と第2戦を落とし、敵地に乗り込んで迎えた第3戦。主導権を握りたいセ・リーグ王者は、ソフトバンクの先発ムーアに対して初回先頭打者の吉川尚が遊ゴロ失策で出塁して無死二塁。1死後の坂本は空振り三振に倒れ、4番の岡本も3球連続のストライクゾーンへの直球勝負に詰まって遊ゴロ。今シリーズ“初リード"のチャンスを逃した。
 昨年に続く“4連敗決着"の危機も漂う中で、原監督は打順こそ入れ替えたものの、スタメン9人の顔ぶれは3試合連続で固定。23日には「日本シリーズは、こういうチームで勝ってきたんだ、というのだからね」とセ王者の意地を表現した指揮官。あくまでも“普段着野球"で反撃し、プライドを見せる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ