48歳マニー・ラミレスが高知以来の現役復帰 豪州シドニーに到着し、自主隔離中 BBQしながら「私が持っている知識の全てを伝えたい」

2020年11月24日 15時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
独立リーグの高知でもプレーした元大リーガーのマニー・ラミレス=2017年

独立リーグの高知でもプレーした元大リーガーのマニー・ラミレス=2017年

  • 独立リーグの高知でもプレーした元大リーガーのマニー・ラミレス=2017年
 メジャー通算555本塁打を記録し、オーストラリアリーグのシドニー・ブルーソックスと1年契約を結んだマニー・ラミレス外野手(48)=元レッドソックスなど=が12月18日のシリーズ開幕へ向けて既に現地入りし、2週間の自主隔離中だ。2017年に独立リーグの高知ファイティングドッグスでプレーして以来の現役復帰となる。
 23日の現地放送局ACBスポーツの公式ツイッターによると、マニーは現地でバーベキューをしながら調整中で「私が持っている知識の全てを伝えたい…。ちょっと、バーベキューのエビを乗っけなきゃいけないから」と語った。同局も「大リーグのレジェンドは、既にオーストラリアの文化を堪能しているようだ」と、笑顔とOKサインの絵文字付きでつづった。
 わが道を行くスタイルから「マニーはマニー」と称されるラミレスが最後にメジャーでプレーしたのは11年のレイズ。通算19年間で打率3割1分2厘、1831打点。本塁打王と打点王を1度ずつ獲得し、球宴選出は12度。レッドソックス時代の04、07年はワールドシリーズ優勝を果たした。
 09、11年に禁止薬物の陽性反応を示し、大リーグ機構から50、100試合の出場停止処分を命じられた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ