本文へ移動

日本ハム斎藤佑樹 右肘は手術せず保存療法を選択、リハビリ継続…プロ10年目で初の1軍登板なし

2020年11月24日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・斎藤佑樹

日本ハム・斎藤佑樹

 日本ハム・斎藤佑樹投手(32)が痛めたとみられている右肘の保存療法を選択した。
 10年目の今季は初めて1軍登板なし。ファームでも10月16日のイースタン・リーグ、巨人戦(ジャイアンツ)を最後に実戦登板がなかった。球団とは今後の治療方針についての話し合いを終えており、手術は行わず、リハビリを続けていくことになったという。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ