楽天3位藤井聖が無失点救援!ENEOSが都市対抗野球初の100勝到達「素直にうれしい」節目の勝ち投手に

2020年11月23日 22時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ENEOS―東邦ガス 東邦ガスに勝利し、チームメートとグラブタッチで喜ぶENEOSの藤井(中央)

ENEOS―東邦ガス 東邦ガスに勝利し、チームメートとグラブタッチで喜ぶENEOSの藤井(中央)

  • ENEOS―東邦ガス 東邦ガスに勝利し、チームメートとグラブタッチで喜ぶENEOSの藤井(中央)
  • 6回裏東邦ガス2死二、三塁、水本を右飛に打ち取りガッツポーズするENEOSの藤井
  • ENEOS―東邦ガス 9回表ENEOS1死一、二塁、篠原の2点三塁打で追加点を奪い盛り上がる大久保監督(右から2人目)らENEOSベンチ
 社会人野球の第91回都市対抗大会は23日、東京ドームで1回戦3試合を行い、優勝11度を誇るENEOS(横浜市)が東邦ガス(名古屋市)を6―0で破って、大会史上初のチーム100勝を決めた。
 今秋ドラフトで楽天が3位した藤井聖投手(24)が5回から無失点救援。100勝目の勝ち投手になり「先輩が積み上げてきたものですが素直にうれしい」と喜んだ。「自分が先発するつもりで準備してきたので悔しい思いもあったが、チームが勝つのが一番なので切り替えました」。変化球も低めに集めて無四球で味方の好守にも助けられた。
 昨年まで慶大監督だった大久保秀昭監督(51)は社会人復帰1年目で5年ぶりの東京ドームに導くと、初戦で節目の白星。「たまたま自分に回って来た。150勝、200勝と続けていけるようにわれわれが頑張らないといけない」と誓った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ