本文へ移動

コアラが8年ぶり首位に 東山動植物園「人気動物ベスト10」

2020年11月24日 05時00分 (11月24日 05時00分更新)
8年ぶり14回目の1位に輝いたコアラ=東山動植物園提供

8年ぶり14回目の1位に輝いたコアラ=東山動植物園提供

 東山動植物園(名古屋市千種区)で二十三日、来園者による投票で人気者を決める「人気動物ベスト10」の結果が発表され、コアラが八年ぶりに首位に返り咲いた。前回一位のゴリラは五位となったり、ヘビのオオアナコンダなどなじみのない動物が大幅に順位を上げたりと、令和初の投票は混戦となった。 (蓮野亜耶)
 投票は二年に一回。今回は新型コロナの影響で三密を避けるため、屋外で土日に投票所を設けて実施した。担当飼育員による説明を中止した代わりに、飼育員がポスターを作ってアピールした。約二万八千七百票のうち、今年、赤ちゃんが公開されたコアラが二位のキリンに五百票差をつけて一位に輝いた。
 園では来場者を前に五位までを発表。二、三、四位を公表し、残るは前回一位のゴリラと下克上を狙うコアラとなった場面で、獣舎にいる動物に代わり、両者の着ぐるみが登場した。職員が「一位はコアラです」と告げると、コアラの着ぐるみは来場者に手を振ってあいさつした。
 「一位を狙っていた」と話すのはコアラの飼育担当の近藤裕治さん(48)。期間中、キリンの赤ちゃんが誕生するなど追い上げられたが、「コアラは寝てても餌を食べていても、とにかくか...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧