本文へ移動

自在に立ち回るコントレイル&アーモンドアイは脅威…デアリングタクトを信じるだけ【松山弘平ジャパンC手記】

2020年11月24日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
デアリングタクトに騎乗する松山弘平騎手

デアリングタクトに騎乗する松山弘平騎手

 注目の一戦となったジャパンC(JC)。今年、史上初の無敗での牝馬三冠を達成したデアリングタクトが出走する。主戦の松山弘平騎手(30)=栗東・フリー=が今週、レースへの思いを毎日、手記をしたためます。
   ◇   ◇
 さあ、いよいよJCです。三冠馬3頭が集結と、間違いなく歴史に残るレース。かなりの注目を集めていることもあり、今週は毎日、手記を寄せることになりました。皆さんと一緒にJCウイークを過ごしていければと思います。
 三冠馬3頭のうち、最初にJC参戦を表明したのがデアリングタクトでした。次にコントレイルが、さらにその後にアーモンドアイが出走を表明。ファンの方々にとって、最高に盛り上がるレースになったなというのが率直な感想です。個人的なことを言えば、このようなレースに参加できて大変光栄だと思う一方で、乗る立場としては、やはり負けたくないというのが本音。ましてや無敗なので、どんな相手であっても勝ち続けたい、という思いを強く抱いています。
 コントレイルとアーモンドアイの共通点と言えば、どんなポジションでも競馬ができるということですね。スタートやペース次第で自在に立ち回ることができるのは脅威です。ただ、自分自身、レースに向かう心構えは、これまでと同じ。相手のことを考えるより、とにかくデアリングタクトの力を信じて乗るだけです。その上で、いい結果を出せれば最高です。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ