本文へ移動

中日・大野雄大「まさかという感じ」沢村賞受賞に喜び 完投数評価…「みんながよく守ってくれたおかげ」と感謝

2020年11月23日 17時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
沢村賞の受賞が決まり、色紙を持って笑顔を見せる大野雄

沢村賞の受賞が決まり、色紙を持って笑顔を見せる大野雄

 中日では川上憲伸さん以来16年ぶりに沢村賞を受賞した大野雄大投手(32)が23日、ナゴヤ球場で会見し、「目標にもできないほど遠い賞。まさかという感じ。すごくうれしい」と喜びを語った。
 両リーグ随一の10完投、6完封を挙げ、巨人・菅野との一騎打ちを制しての受賞。「完投数を評価していただいたと思います」と受け止め「野手のみんながよく守ってくれたおかげ」とチームメートへの感謝を口にした。
 「来年も狙います、と言うようにはならないような高いところにある賞」と敬意を示した左腕。それでも「何年も続けてこそ評価されると思う。今年だけじゃなく、来年以降も同じような成績を残せるようにやっていかないといけない」と意気込んだ。
 最優秀防御率と最多奪三振の2冠に加え、今後は「沢村賞投手」という肩書も加わる。「普段の生活からしっかりしないといけないし、見られていると感じながら生きていきたいです」と気を引き締めていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ