本文へ移動

中日・大野雄大が初の沢村賞 巨人・菅野との一騎打ち制す ダブル受賞推す声も…「ベストワンは大野という意見が大半」

2020年11月23日 17時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
沢村賞の受賞が決まり、色紙を持って笑顔を見せる大野雄

沢村賞の受賞が決まり、色紙を持って笑顔を見せる大野雄

 沢村賞選考委員会が23日、東京都内で行われ、中日の大野雄大投手(32)が初受賞した。中日では2004年の川上憲伸以来、9人目(11度目)。堀内恒夫選考委員長は「菅野も数字は拮抗(きっこう)しているが、ベストワンは大野という意見が大半を占めた」と説明した。
 書面参加の北別府委員を含む5人の選考委員による議論では、開幕13連勝の菅野や2人のダブル受賞を推す声もあり「例年になく長い討議があった」と堀内委員長。「完投や完封などいろいろ加味して(先発完投型の賞に)ふさわしいのは大野となった」と語った。
 大野雄は防御率1・82、10完投、勝率6割4分7厘で選考基準7項目のうち3項目をクリア。両リーグトップの148イニング3分の2を投げ、最優秀防御率と最多奪三振の2冠に輝いた。菅野も防御率と勝率の2項目をクリア。両リーグ最多の14勝を挙げたが、届かなかった。
 沢村賞の選考基準は15勝、150奪三振、10完投、防御率2・50、200投球回、25試合登板、勝率6割の7項目。今季はコロナ禍で120試合となり、堀内委員長は「各委員の中である程度基準を下げている」と理解を求めた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ