八村選手の成長 感じた 米でスポーツ写真撮影 田口さん講演

2020年11月23日 05時00分 (11月23日 11時27分更新)
八村塁選手との交流を語る田口有史さん=富山市総曲輪の大和富山店で

八村塁選手との交流を語る田口有史さん=富山市総曲輪の大和富山店で

  • 八村塁選手との交流を語る田口有史さん=富山市総曲輪の大和富山店で
 約二十年にわたって米国のスポーツ選手を撮影してきた写真家・田口有史(ゆきひと)さんのトークショーが二十二日、富山市総曲輪の大和富山店であった。撮影した写真を紹介しながら、米プロバスケットボールNBAの八村塁選手(富山市出身)との交流を語った。
 田口さんはNBA入り前のゴンザガ大時代から注目し、試合中の写真を贈ったことで親交を深めた。学年が上がるにつれ「表情が豊かになり、プレーに対する自信が感じられるようになった」と、レンズ越しに成長する姿を実感したという。
 八村選手がチームメートに配ったことで話題になった揚げあられ「白えびビーバー」について「撮影で富山を訪れた僕がお土産として購入し、彼に渡した」と秘話を紹介。「NBAは制約が厳しく、撮影はもういいやと思ったところに『何か写真ないですか』と連絡が来る。先輩に気に入られるタイプだ。応援し続けたい」と笑顔で話した。(酒井翔平)

関連キーワード

PR情報