選挙プランナー

2020年11月23日 05時00分 (11月23日 11時10分更新)
 抱いていた印象ががらりと変わった。十月二十五日投開票の富山県知事選で当選した新田八朗氏の陣営に協力した選挙プランナー、松田馨さん(40)に話を聞いた。斬新な発想を駆使した選挙戦ばかりに目を奪われたが、活動の根底にあったのは緻密な情報分析と選挙プランナーとしての信念だった。
 立候補予定者への聞き取りに使う文書を見せてもらった。政治家を目指した目的、成し遂げたいことなど今後の覚悟を問う十カ条が並ぶ。「僕は客を選ぶタイプ。聞き取りをして応援したいと思ったらやる」。場合によっては断る。決して安請け合いはしない。
 選挙でお金を稼ぐ仕事にマイナスの印象を持つ人は多いはず。だが、松田さんを支えるのは「日本の選挙制度を変えたい」という思い。考えを改めるとともに、今以上に選挙に注目していこうと思った。(長森謙介)

関連キーワード

PR情報