バンクシー新作、自転車なくなる 英中部ノッティンガム、盗難か

2020年11月23日 08時16分 (11月23日 08時20分更新) 会員限定
 後輪のない自転車を柱につなぎ、外した後輪で少女が遊ぶ構図となっているバンクシーの作品=10月、ノッティンガム(ロイター=共同)

 後輪のない自転車を柱につなぎ、外した後輪で少女が遊ぶ構図となっているバンクシーの作品=10月、ノッティンガム(ロイター=共同)

  •  後輪のない自転車を柱につなぎ、外した後輪で少女が遊ぶ構図となっているバンクシーの作品=10月、ノッティンガム(ロイター=共同)
 【ロンドン共同】正体不明の芸術家バンクシーが英中部ノッティンガムの街中に10月に制作した新作のうち、標識の柱につながれていた自転車が22日までになくなった。経緯は不明。何者かに盗まれた可能性がある。BBC放送が伝えた。
 新作は、自転車のタイヤをフラフープ代わりにして遊ぶ少女の姿を街中の壁に描いた上で、後輪がなく壊れた自転車を壁の前の細い柱に錠でつないだもの。自転車から外した後輪で少女が遊んでいるという想定の作品とみられていた。
 バンクシーの作品と確認されてからは見学に訪れる人が相次ぎ、作品のうち壁画部分には地元自治体が透明なカバーを設置して保護していた。

関連キーワード

PR情報

国際の最新ニュース

記事一覧