つんくと「BOYS AND MEN」が「どえりゃあ」タッグ!ボイメン史上最も激しいダンスにも注目

2020年11月23日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
つんく♂がプロデュースした新たな“勝負服”でポーズを決めるBOYS AND MEN。前列左から本田剛文、水野勝、辻本達規、小林豊、後列左から田村侑久、吉原雅斗、平松賢人、勇翔

つんく♂がプロデュースした新たな“勝負服”でポーズを決めるBOYS AND MEN。前列左から本田剛文、水野勝、辻本達規、小林豊、後列左から田村侑久、吉原雅斗、平松賢人、勇翔

  • つんく♂がプロデュースした新たな“勝負服”でポーズを決めるBOYS AND MEN。前列左から本田剛文、水野勝、辻本達規、小林豊、後列左から田村侑久、吉原雅斗、平松賢人、勇翔
 名古屋発のダンス&ボーカルグループ「BOYS AND MEN」が来年1月27日にデビュー10周年イヤーを飾る3年ぶりのオリジナルアルバム「BOYMEN the Universe」をリリースすることが決定。その記念イヤーに花を添えるべく、リード曲(1曲目)をつんく♂(52)がプロデュースしていることが明らかになった。タイトルは「どえりゃあJUMP!」。ボイメン史上最強にハードなキレッキレッのダンスにも注目だ。
 モーニング娘。ら女性アイドル集団「ハロー!プロジェクト」をけん引してきた名プロデューサーが、ボイメンのためにひと肌脱いだ。
 「どえりゃあJUMP!」は、ワクワクの世界へナビゲーションというテーマで、ボイメンという名古屋発のロケットが宇宙に飛んでいき、宇宙くらいでっかい夢に向かってJUMPしていくという、壮大な世界観になっている。
 つんく♂は作詞作曲のほか、ミュージックビデオ(MV)、アルバムのビジュアル衣装までトータルプロデュース。シャ乱Q時代から親交のあるスタイリストが手掛けた新たな学ランは、これまでのおとこ気全開イメージから一転、まぶしいほどの王子様感を漂わせ、まるで銀河ファンタジーの中にいるようなイメージに仕上がった。
 つんく♂は同曲のダンスパートも考案。ボイメン史上最も激しく美しい踊りが注目を集めそうだ。同曲のMVは近日公開される。
 リーダーの水野勝(30)は「自分が出ていた番組をつんく♂さんが偶然ご覧になっていた事がキッカケで実現したコラボです! このお仕事は、一生懸命やっていれば必ず誰かみてくれているんだと改めて感じました」としみじみ。プレゼントされた楽曲については「ステキなパワーソングでBOYSANDMENなんだけどBOYSANDMENではない。新しいBOYSANDMENだと思います! まさに『つんく♂×BOYSANDMEN!』」とアピールしている。
 アルバムには、ほかに大人気アニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」の劇場版主題歌で「オリコン」1位を獲得した「ガッタンゴットンGO!」や、今年9月発売のシングル「Oh Yeah」のほか、これまでの10年間と未来への歩みをつづったバラード曲「あしあと」や、メンバー内ユニット「Yankee5」と「誠」がそれぞれコンセプトから考えて制作した楽曲など、新曲4曲を含む13曲を収録した。
 つんく♂のコメント「彼らの歌は、日本を元気にしてくれるだろうなってそう思って、イメージは名古屋発のロケットが宇宙に向かって飛んでいくようなそんな楽曲を作りました。彼らに望むこと、それは『ワクワクの世界』へ真心を込めてエスコートしてほしい。現実から夢の世界へ連れ出してくれるような、そんな逃避行感覚。名古屋を代表する王子様をやり切ってくれよ~! MVやジャケット写真も、宇宙に向かって飛んでいくロケットのようなスケール感で仕上げてください、と大きなコンセプトを掲げて制作しています。どうぞ、みなさま、どえりゃ~楽しんでください!」 

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ