池脇千鶴が超高齢熟女バーの伝説ママと40歳新米ホステスの2役 9年ぶり連ドラ主演「その女、ジルバ」

2020年11月23日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
超高齢熟女バーの伝説のママ・ジルバを演じる池脇千鶴

超高齢熟女バーの伝説のママ・ジルバを演じる池脇千鶴

  • 超高齢熟女バーの伝説のママ・ジルバを演じる池脇千鶴
  • 新米ホステス“アララ”を演じる池脇千鶴
 女優池脇千鶴(39)が、来年1月9日にスタートするフジテレビ系ドラマ「その女、ジルバ」(土曜午後11時40分、東海テレビ制作)で主演を務めることが決まった。池脇は今回、超高齢熟女バーで働く40歳の新米ホステスと伝説のママの2役に挑戦。連ドラ主演は9年ぶりとなったが、実力派女優が新境地を切り開く。

 第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した有間しのぶさんの人気漫画「その女、ジルバ」(小学館「ビッグコミックス」)が原作。主人公は恋人なし、貯金なし、老後の安心なしで大手百貨店に勤務する40歳の負け組OL・笛吹新(池脇)。「変わりたい!」という新は「採用条件、40歳以上」という伝説のママ・ジルバ(池脇)がつくった「BAR OLD JACK&ROSE」でホステス“アララ"として働くことに。新は平均年齢70歳以上の高齢熟女バーで最年少ホステスとして奮闘する。
 新を取り巻く熟女ホステスを演じるキャストも個性派女優らが起用されているといい、配役は後日発表される。池脇は「共演者に、お姉さま方が多い現場も初めてです。皆さんとても明るくて、私よりもパワフルで、キャッキャキャッキャと声が聞こえてきます。『寒くない?』『ちゃんと寝られてる?』といつも気遣ってくださったり、励ましてくださったり、すごく和気あいあいとしています」と明かす。そして「『その女、ジルバ』は、キラキラした恋愛ものではなく、酸いも甘いも乗り越えてきた人たちが描かれている作品です。見ごたえもありますので、夜ふとテレビをつけた方が引き込まれる作品になると思います」とPRしている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ