打つだけじゃない…ソフトバンク『方程式』温存しても救援陣0封リレー「みんな、本当によくやっている」

2020年11月22日 22時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人に連勝し、ナインを迎えるソフトバンク・工藤監督

巨人に連勝し、ナインを迎えるソフトバンク・工藤監督

  • 巨人に連勝し、ナインを迎えるソフトバンク・工藤監督
◇22日 SMBC日本シリーズ第2戦 巨人2―13ソフトバンク(京セラドーム大阪)
 文句なしの大勝で連勝スタートだ。日本シリーズ10連勝、ポストシーズン14連勝となったソフトバンクの工藤公康監督(57)は「初回からしっかりと得点できたのが大きかった。みんながつなぐ野球をやってくれた」と15安打3本塁打で13得点の攻撃陣をたたえた。この日は途中出場の野手も3人が安打をマーク。選手層の厚さも見せつけ、巨人には昨年から6連勝とした。
 野手だけではない。投手陣では、先発の石川が6回途中まで2失点で粘り、モイネロと森を温存した救援陣も5投手でゼロ封リレー。「この日のためにしっかりと準備を怠らないでやってくれたおかげ。リリーフ陣もしっかりゼロで抑えることができた。みんな、本当によくやってくれている」。一分の隙も見せない完勝。V9の巨人以来となる4連覇へ、盤石の構えだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ