ぶっちぎりV巨人の日本S“連敗発進”に「セリーグ」がトレンド入り「6弱」「もはや罰ゲーム」セのファンから悲嘆の声

2020年11月22日 22時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
厳しい戦況を見つめる巨人・原監督

厳しい戦況を見つめる巨人・原監督

  • 厳しい戦況を見つめる巨人・原監督
◇22日 SMBC日本シリーズ第2戦 巨人2ー13ソフトバンク(京セラドーム大阪)
 巨人が日本シリーズの球団史上ワーストとなる13失点で大敗し、屈辱の連敗スタートとなった試合後、ツイッターでは「セリーグ」がトレンド入りした。試合中からもセ・リーグの弱さを嘆くファンが続出。「セは6弱」などの書き込みであふれた。
 巨人は今季、シーズン中盤から独走状態で、最終的には2位・阪神と7・5ゲーム差をつけて連覇した。だが、その強さはソフトバンクの前では発揮されず、日本シリーズ2連敗。ツイッターでは巨人ファン以外からも「セリーグ」について書き込まれ「5弱じゃなくて6弱」「もはや日本シリーズは『セリーグがホークスに虐殺される罰ゲーム』『セファンがホークスの強さを目の当たりにしてセリーグで良かった、と安心する』という秋の風物詩と化してしまった感」という書き込みや、ソフトバンクとレギュラーシーズンで対戦するパ・リーグファンからも「いいよなセリーグは」などとソフトバンクの強さとセ・リーグの弱さを強調する書き込みが続いた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ