ひきこもりの悩み、26、27日に一斉電話相談 県内5団体

2020年11月23日 05時00分 (11月23日 05時00分更新) 会員限定
ひきこもり一斉電話相談をアピールする県社協の川端専門相談員(中)ら=県庁で

ひきこもり一斉電話相談をアピールする県社協の川端専門相談員(中)ら=県庁で

  • ひきこもり一斉電話相談をアピールする県社協の川端専門相談員(中)ら=県庁で
 県社会福祉協議会(草津市)ら県内五団体が二十六〜二十七日に、「ひきこもり一斉電話相談」を実施する(三団体は初日のみ)。新型コロナウイルス禍の中で、不安や悩みを抱えるひきこもりの人や家族らに、利用を呼び掛けている。
 本年度は七月に続き二回目。前回は相談歴がなかった人からの相談が半数近くあったといい、どこに相談すればいいのか分からない人が多いとみられる。
 県社協は毎週木曜日の正午〜午後六時に、ひきこもりの電話相談に応じている。新型コロナの影響か、最近は若い人や女性からの相談が増えているという。
 二十日に県庁で会見した県社協の川端豊専門相談員(70)は「家族間の衝突など、コロナ禍でますます深くひきこもる方も生まれている」と推測。「前回も遠くの所に電話をかける人が多かった。どこに相談してもいいので、一歩踏み出して」と呼び掛けた。
 いずれの日も午前九時〜午後六時。
 (堀尾法道)
 ◇ひきこもり一斉電話相談の窓口(※は26日のみ) 県社会福祉協議会=077(526)7031▽甲賀・湖南ひきこもり支援「奏」=0748(75)0242▽※大津市社会福祉協議会=077(526)5316▽※つながり応援セ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧