「プロで長く活躍したい」 中日3位指名・土田龍空選手が仮契約

2020年11月23日 05時00分 (11月23日 05時00分更新) 会員限定
彦根城を背に、プロでの活躍を誓う土田選手=彦根市の彦根キャッスル リゾート&スパで

彦根城を背に、プロでの活躍を誓う土田選手=彦根市の彦根キャッスル リゾート&スパで

  • 彦根城を背に、プロでの活躍を誓う土田選手=彦根市の彦根キャッスル リゾート&スパで
 中日は二十二日、ドラフト三位で指名した近江高校の土田龍空選手(17)=一七九センチ、七七キロ、右投げ左打ち=と彦根市内で入団交渉し、契約金四千五百万円、年俸六百万円(いずれも推定)で仮契約を結んだ。
 土田選手は一年時から遊撃手として夏の甲子園に出場し、準々決勝で当時秋田・金足農の吉田輝星選手(日ハム)から二塁打を放つなど活躍。二年時にも甲子園に出場し、三年時には県の独自大会で主将としてチームを優勝に導いた。
 同市佐和町のホテル「彦根キャッスル リゾート&スパ」で行われた仮契約の後、会見した土田選手は「中日の一員となれて、うれしい気持ちでいっぱい。見たことがない金額でびっくりした」と話し、「プロで長く活躍したい。ゴールデングラブ賞は必ず取りたい」と意気込んだ。
 仮契約には両親も同席した。母親の吏佐さん(45)は「立派に育ってくれて、ありがとうという気持ちです」と語った。
 (磯貝元)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧