ソフトバンク強すぎ10連勝!巨人相手に2日で18点!!日本シリーズ連勝記録さらに伸ばす

2020年11月22日 21時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回表1死二塁、グラシアルの二塁内野安打に失策が絡み、一気に生還した柳田(9)を迎える工藤監督

1回表1死二塁、グラシアルの二塁内野安打に失策が絡み、一気に生還した柳田(9)を迎える工藤監督

  • 1回表1死二塁、グラシアルの二塁内野安打に失策が絡み、一気に生還した柳田(9)を迎える工藤監督
◇22日 SMBC日本シリーズ第2戦 巨人2―13ソフトバンク(京セラドーム大阪)
 巨人が1965年から9年連続で日本一となった「V9」以来となる日本シリーズ4連覇を狙うソフトバンクが、絶好の連勝スタートを切った。攻撃陣が3本塁打などで13点を奪えば、投げては育成出身の先発石川からの継投で危なげなく逃げ切り。セ王者の巨人を投打で圧倒し、前日で新記録となった日本シリーズの連勝を10に伸ばした。
 初回に柳田の適時二塁打などで3点を先制すると、2回には甲斐が日本シリーズ初本塁打となるソロを左中間席に。3回には4番グラシアルが弾丸2ランを放ち、3回までの6得点で早々と勝負を決めた。7回にトドメの満塁弾を放ったデスパイネは日本シリーズ記録に並ぶ1試合6打点を挙げた。
 ソフトバンクは2018年の広島とのシリーズ第3戦から第6戦まで4連勝し、巨人と対戦した昨年は無傷の4連勝。2年連続の同カードとなった今年も開幕2連勝で通算10連勝とした。また、2019年のCSファーストステージ第2戦からポストシーズンは14連勝となった。
 23日の移動日を挟み、24日の第3戦からはペイペイドームに場所を移して開催される。本拠地では、中日と対戦した2011年の第7戦からシリーズ14連勝中。4年連続の日本一に向け、スキは全く見当たらない。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ