巨人・中島2戦連続の死球…球場ザワつく 

2020年11月22日 19時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2戦に先発したソフトバンク・石川

第2戦に先発したソフトバンク・石川

  • 第2戦に先発したソフトバンク・石川
◇22日 SMBC日本シリーズ第2戦 巨人―ソフトバンク(京セラドーム大阪)
 巨人の中島宏之内野手(38)が「7番・一塁」で先発出場し、2試合連続の死球を受けた。0―7と大量リードを許した5回1死からの第2打席、ソフトバンク先発・石川のカーブが抜けて左肩付近に当たった。
 前日21日の第1戦では9回に死球を受けると、マウンドの森をにらみ付ける場面があった。試合後には米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手がツイッターで「途中の表情から一瞬『ここは巨人やから』ってのがよぎったように見えた笑」とイジる展開に。この日の京セラドーム大阪のファンも、2試合連続の死球にザワザワと“不穏"な空気を感じ取ったものの、この日の中島は、明らかなすっぽ抜けということもあって静かに一塁に歩きだした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ