179センチ14歳の前川佑さんが『ジュノン・スーパーボーイ』グランプリ「選ばれる自信があった」

2020年11月22日 19時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
グランプリに輝き、笑顔を見せる前川佑さん

グランプリに輝き、笑顔を見せる前川佑さん

  • グランプリに輝き、笑顔を見せる前川佑さん
 「第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」(主婦と生活社主催)の最終選考会が22日、東京都内で開かれ、グランプリに北海道函館市出身の中学3年生、前川佑(たすく)さん(14)が選ばれた。
 武田真治(47)、伊藤英明(45)、小池徹平(34)、溝端淳平(31)、菅田将暉(27)らスターを輩出してきたコンテスト。今回、応募者1万7158人の頂点に立ったのはスポーツ万能で「(選ばれる)自信があった」と言い切る、さわやかな俳優志望の身長179センチの少年だった。
 小学校で剣道とサッカーを始め、剣道では北海道で2位に。中学時代はクラブチームでサッカーに打ち込んだ。近くピアノを習い始めるという。
 名前が呼ばれた瞬間、「『よっしゃー!!』と思いました」と笑顔をはじけさせた前川さんは「俳優業に興味を持ち、お母さんにこのコンテストを勧められた」というが「応募したのは自分」と胸を張った。そして「ミュージカルにも出演できる俳優になりたい」と抱負を語った。
 目標とする俳優は「日本にはいない」と即答すると、審査員の溝端は思わず「それでいいんだよ(自分に気を使わなくていい)。しっかりしてる」と感心した。この日の最終審査として14人のファイナリストから「告白」を受けた審査員のモデルゆきぽよ(24)は「彼の表情に、本気でキュンキュンがどーんときた」と女心をくすぐられた様子だった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ