いきものがかり、20周年ツアー全27公演中止 幅広いファン層の安全確保などを熟慮

2020年11月22日 15時36分 (11月24日 12時06分更新)
20周年ツアー全27公演中止を発表したいきものがかり

20周年ツアー全27公演中止を発表したいきものがかり

  • 20周年ツアー全27公演中止を発表したいきものがかり
 今年結成20周年を迎えたいきものがかりが、全公演延期を発表していた全国ツアーおりました「Yakult ミルミル Presents いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2020 ~結成20周年だよ!! WE DO!!!~」全27公演の開催を中止することを22日、公式サイトで発表した。
 サイトでは、公演の実施に向けて努力をしてきたが、「困難を極めた会場確保など様々な要因が重なり、全地域・各会場においてホールツアーの振替公演が実施可能であると判断するには、依然として難しい状態が続いております」と説明。
 現在も感染拡大が再燃していることから「いきものがかりのライブは、お子様から年配の方々まで幅広い世代のお客様にお越しいただいております。感染した場合のリスクが高いとされている世代の方々にも多くご来場いただいていることを鑑みれば、通常のライブに比べても、お客様の安全確保に対してより慎重な判断が必要だとメンバーは考えております」とスタンスを明示した上で、「これらを熟慮したうえで、今回のホールツアーは中止という判断に至りました」と伝えた。
 ファンに向けて「度重なるライブの中止で残念な思いをさせてしまったばかりでなく、チケットの払い戻しなどお手数をお掛けすることになってしまい、誠に申し訳ございません。どうかご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」と謝罪した。
 ボーカルの吉岡聖恵は、自身のインスタグラムで「ライブを楽しみにしていてくださった皆さん、このような結果になってしまい本当に申し訳ありません。皆さんに直接歌を届けられる瞬間を思い描き、何とかしてツアーを実現すべくもがきましたが、力及ばずでした」と無念の思いを明かした。

関連キーワード

PR情報

エンタメ総合の最新ニュース

記事一覧