東山紀之が5年越しの不倫‘’長男‘’マッチを一刀両断「その責任を果たしていない近藤真彦さんには大変、大きな失望感があります」

2020年11月22日 14時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東山紀之が所属するジャニーズ事務所

東山紀之が所属するジャニーズ事務所

  • 東山紀之が所属するジャニーズ事務所
 少年隊の東山紀之(54)が22日、キャスターを務めるテレビ朝日系「サンデーLIVE!!」(日曜午前5時50分)に生出演。25歳年下の女性社長との不倫を認め、無期限活動自粛を発表した歌手近藤真彦(56)に言及し、「大変大きな失望感があります」と苦言を呈した。
 近藤は12日発売の「週刊文春」でオーダースーツの会社を経営する女性社長(31)との5年越しの不倫疑惑が報じられた。東山は、今回の報道について「事務所の対応も、近藤真彦さんの結論を出すのがちょっと遅かったですね。僕らもどう対応していいいかわからない」と困惑した。
 その後「僕は近藤真彦さんと40年以上、彼の背中を見てともに育ってきました。すごい良きところも、悪いところも知ってます」と説明。「やはり事務所の中でも、世の中的にも、年を経て責任(の重さ)は変わってくると思うので、その責任を果たしていない近藤真彦さんには大変、大きな失望感があります」と言葉を続け、“ジャニーズ事務所の長男”近藤を一刀両断した。
 その一方で、「今後マッチさんがどのようになっていくのか、見ていく必要もあります」と前置きしつつ、「そういう意味でも僕の立場からすると嫌いになれない。マッチさんを嫌いになれない自分もいるんですね。今、まさにその葛藤の中にいる」と複雑な胸中も吐露。最後に「果たしていかなければいけないものを見せるべき立場にいますから、今後どうやってマッチさんが見せてくれるか、期待があります」と信頼回復を願った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ