修学旅行の中学生、テーブルマナー学ぶ 志摩観光ホテルでフルコース堪能

2020年11月22日 05時00分 (11月22日 14時39分更新) 会員限定
フランス料理のフルコースを味わう生徒たち=志摩市の志摩観光ホテルで

フランス料理のフルコースを味わう生徒たち=志摩市の志摩観光ホテルで

  • フランス料理のフルコースを味わう生徒たち=志摩市の志摩観光ホテルで
 修学旅行の一環で、テーブルマナーを学ぶプログラムが志摩市内で好評だ。伊勢志摩地域の経営者らでつくる、地元の食文化を発信する団体「伝味の会」などが企画した。志摩観光ホテルでは、訪れた生徒らが昼食にフランス料理のフルコースを味わいながら、海の幸など地元の食材について知識を深めた。
 新型コロナウイルス感染症の影響で、旅行先が県内に変更になった学校に、三重の食文化を知ってもらう講座の開催を提案。本年度は県内外の中学校など十校がマナーを学ぶという。
 今月九日には川越町川越中の三年生約百二十人が、志摩観光ホテルを訪れた。同校も修学旅行先を県外から県内に変更した。生徒らは最初に、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧