垂井出身、朝井リョウさんが講評 岐阜で中高生の自作短編小説発表会

2020年11月22日 05時00分 (11月22日 15時16分更新) 会員限定
朝井さん(右)と話す応募者の生徒(中)=岐阜市司町のぎふメディアコスモスで

朝井さん(右)と話す応募者の生徒(中)=岐阜市司町のぎふメディアコスモスで

  • 朝井さん(右)と話す応募者の生徒(中)=岐阜市司町のぎふメディアコスモスで
 中高生が自作した短編小説を直木賞作家の朝井リョウさん(垂井町出身)が講評する「めざせ直木賞作家!ぼくのわたしのショートショート発表会」が八日、岐阜市司町のぎふメディアコスモスで開かれた。
 県内外の九十五人が百三十七作品を応募。この日は選考作品に選ばれた八作品の著者八人が集まり、自作を朗読した。
 永井美蓮さん(15)=岐阜市梅林中三年=の「昼食論争」は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧