<みかわの名建築>(7) 滝山寺(岡崎市滝町)

2020年11月22日 05時00分 (11月22日 15時26分更新) 会員限定
国の重要文化財の滝山寺本堂=岡崎市滝町で

国の重要文化財の滝山寺本堂=岡崎市滝町で

  • 国の重要文化財の滝山寺本堂=岡崎市滝町で
  • 国の重要文化財「聖観音菩薩立像」(中)などが宝物殿に並ぶ=岡崎市滝町で
 本堂、東照宮、日吉山王社本殿…。岡崎市滝町にある滝山寺には、国、県や市が指定する文化財が約三十ある。山田亮盛住職(69)は「先輩方が大切に守ってきたからこそ文化財として今も生き残っている」と説明する。
 国の重要文化財(重文)の本堂は一九一〇(明治四十三)年ごろに解体修理された。鎌倉建築の特徴である...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報