<MIKAWAサーチ>(6) 野生動物なぜ殺処分?

2020年11月22日 05時00分 (11月22日 15時30分更新) 会員限定
設楽町役場近くの民家に出没したカモシカ=設楽町田口で

設楽町役場近くの民家に出没したカモシカ=設楽町田口で

  • 設楽町役場近くの民家に出没したカモシカ=設楽町田口で
 新城市で十月、国の特別天然記念物「ニホンカモシカ」がわなにかかり、解放しようとした市猟友会メンバーの男性を角で襲って死亡させた。そのニホンカモシカは殺処分になった。前任地の福井県を含め地方で暮らす筆者にとって意外だったのは、会員制交流サイト(SNS)上で殺処分に否定的な意見が根強いことだ。「麻酔銃を使えばいい」「山奥に放せばいい」。だが、これらの意見は現場ではまず採用されない。その理由は? (山谷柾裕)

手負いで危険に

 新城市などによると、今回、ニホンカモシカの殺処分に踏み切った大きな理由は興奮で個体が凶暴化する恐れがあったためだ。しかも、市の担当者は「標高の低い方(集落)へ突っ走る習性がある」と説明。ニホンカモシカを放すことは住民にとって危険だったという。
 ではなぜ、麻酔銃を使わなかったのか。実は、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報