朝日遺跡で弥生“探検” 清須にミュージアム開館

2020年11月22日 05時00分 (11月22日 15時32分更新) 会員限定
アニメーションやジオラマが見られる展示室=清須市朝日貝塚のあいち朝日遺跡ミュージアムで

アニメーションやジオラマが見られる展示室=清須市朝日貝塚のあいち朝日遺跡ミュージアムで

  • アニメーションやジオラマが見られる展示室=清須市朝日貝塚のあいち朝日遺跡ミュージアムで
  • 円窓付土器や赤彩土器=清須市朝日貝塚のあいち朝日遺跡ミュージアムで
 清須市と名古屋市西区にまたがる、弥生時代の東海地方で最大規模の集落遺跡「朝日遺跡」の歴史を学ぶことができる「あいち朝日遺跡ミュージアム」が、二十二日に清須市朝日貝塚に開館するのを前に、二十一日に報道陣らに公開された。
 展示室には当時の暮らしぶりを紹介する四分間のアニメーションが流れる低い円形のモニターを設置。同室には実在の山や、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧