猿田彦マスコットできたよ 交通安全用に中島の児童

2020年11月22日 05時00分 (11月22日 11時51分更新)
猿田彦をモチーフにした交通安全マスコットを作製した児童たち=七尾市中島小で

猿田彦をモチーフにした交通安全マスコットを作製した児童たち=七尾市中島小で

  • 猿田彦をモチーフにした交通安全マスコットを作製した児童たち=七尾市中島小で
 七尾市中島地区コミュニティセンター熊木分館は、地元の子どもたちと一緒に、郷土のお熊甲祭(国重要無形民俗文化財)に欠かせないてんぐ面の「猿田彦(さるたひこ)」をモチーフにした交通安全マスコットを作った。
 中島放課後児童クラブを利用する小学二〜四年生二十五人が夏休み中の八月に分館で百五十個作製。赤や緑など五色のビーズを組み合わせてアイロンで固めた。松田絆空(きずく)君(四年)は「上手にできた。百点満点。自転車に乗るときはヘルメットをかぶる」と話した。
 マスコットは児童の保護者やお世話になっているスクールバスの運転手らに贈った。(稲垣達成)

関連キーワード

PR情報

石川の最新ニュース

記事一覧