巨人ブランドがそうさせたのか…ダルビッシュ 死球の中島が“乱闘を我慢!?”して一塁へ向かう姿をツイートでいじる

2020年11月22日 11時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダルビッシュ有(AP)

ダルビッシュ有(AP)

  • ダルビッシュ有(AP)
 カブスのダルビッシュ有投手(34)が22日、自身のツイッターを更新。日本シリーズ第1戦の9回裏1死一、二塁で巨人の中島がソフトバンクの守護神・森から死球を浴びた動画を添付し、中島が一瞬、森をにらむシーンがありながら大人しく(?)一塁へ歩いたことをこうツイートした。
 「途中の表情から一瞬『ここは巨人やから』ってのがよぎったように見えた笑」
 このダルビッシュの指摘にはフォロワーからの賛同の声が殺到。「中島と言えば死球受けた後オラオラオラって西武時代の記憶があるけどなんか変わったなぁと思った」「球団のブランド的なのもあるんですかねー」「昔ならいってた」「清原かと思った」など多くのコメントが寄せられた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ