本文へ移動

「弱虫ペダル」ロケ地 浜名湖を自転車巡り

2020年11月22日 05時00分 (11月22日 05時01分更新)
ロケ地近くのトンネルを走り抜ける参加者ら=浜松市西区で

ロケ地近くのトンネルを走り抜ける参加者ら=浜松市西区で

 高校の自転車部をテーマにした青春映画「弱虫ペダル」のロケ地になった浜名湖沿岸の名所を自転車で回るツアーが二十一日、湖西市鷲津のゲストハウス「NAKAHARAYA(ナカハラヤ)」を発着点に開かれた。小春日和の中、県内外の愛好家が三カ所の聖地を巡った。
 ナカハラヤで自転車レンタルを手掛けるNPO法人「はまなこサイクル」と、貸し出し車両のメンテナンスで協力する同市鷲津の自転車店「TWO CYCLE(ツーサイクル)」の共催。ツーサイクル店長でNPO理事の樋口智紀さん(44)の案内で、撮影で使われたはまゆうトンネル付近の坂、浜名湖ガーデンパーク、浜名湖大橋(いずれも浜松市西区)に立ち寄った。
 参加者は所々で立ち止まり、景色を写真に収めるなどして楽しんだ。映画のファンという掛川市の会社員、小沢江里子さん(41)は「初心者で橋の起伏はきつかったが、晴天で気持ちよく走れた。案内も丁寧で分かりやすかった」と笑顔を見せた。
 NPOによる自転車貸し出しが始まった二〇一八年四月以来、ツアーの企画は今回が初めて。申し込みを締め切ったが、二十八日には電動アシスト付き自転車で浜名湖の絶景を満喫する企画も行う。樋口さんは「初心者から上級者まで自転車の魅力を楽しめるよう、今後もテーマ性のある企画を続けたい」と話した。 (鈴木太郎)

関連キーワード

PR情報