阪神2Rメイショウハナモモはダート好相性で期待 4Rアルバーシャは実戦タイプ【浜中俊コラム】

2020年11月22日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
浜中俊

浜中俊

  • 浜中俊
 先週の福島記念は、池添先輩と、ボクと同期の(藤岡)康太がJRA全10場重賞制覇を懸けて参戦していたので、注目していましたが、見事に池添先輩がバイオスパークで勝利しました。史上6人目と、わずかなジョッキーしか達成できていない記録ですから、さすが池添先輩は勝負強いなと思いました。
 同時に康太が王手だったことも、ボクにとっては驚きでした。もうそんなに勝っていたんですね。自分は札幌、福島、新潟、それに中山も重賞未勝利なんです。いつかできればいいなと思う記録ではありますが、特に関東ローカルの重賞は、参戦する機会も限られているので、すぐに達成するのは難しそうです。
 日曜は阪神です。2Rのメイショウハナモモはダート替わりの前走が3着。思っていた通り、ダートは合っていました。めどが立ちましたし、ここは勝ち負けを期待しています。4Rのアルバーシャは前走が2着。調教の動きは目立ちませんでしたが、競馬で走ってくれました。実戦タイプのようで、展開やメンバー次第では勝機があるかもしれません。8Rのバカラは最近の成績がいまひとつなので、流れが向いてどこまでやれるかでしょう。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ