本文へ移動

巨人 菅野で痛すぎる黒星スタート 4失点に原監督も口重く「どうぞ決めてください」

2020年11月21日 22時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回、栗原に2点二塁打を浴び汗をぬぐう巨人先発の菅野

6回、栗原に2点二塁打を浴び汗をぬぐう巨人先発の菅野

◇21日 SMBC日本シリーズ第1戦 巨人1―5ソフトバンク(京セラドーム大阪)
 どうしても取りたかった初戦をエースで落とした。誤算の幕開け。巨人の原辰徳監督(62)は4失点の先発・菅野智之投手(31)についての評価を封印し、悔しさをにじませた。
 試合後、取材陣から右腕のこの日の調子について質問されると、「どうぞ(メディアが)決めてください」。栗原に3打席連続で長打を浴びて4打点を許したことについて聞かれても「どうぞ」と言葉を濁した。
 指揮官にとって『菅野で2勝』はどうしても譲れない“皮算用”だったはずだ。しかし、結果は千賀に投げ負ける形で完敗。苦しいスタートになったことは間違いない。
 公式戦では4連敗を喫した昨年の日本シリーズ以来の対戦となったソフトバンクに対する印象についても封印。「まだ何とも言えません。その辺は終わったら話しましょう」と、何を聞かれても珍しく口が重かった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ