名古屋・港区のひき逃げ、容疑の50歳男逮捕

2020年11月21日 22時24分 (11月22日 01時19分更新) 会員限定
 名古屋市港区で20日夜起きたひき逃げ事件で、港署は21日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同区大手町3、自称作業員の谷田剛容疑者(50)を逮捕した。
 逮捕容疑は、20日午後7時ごろ、同区川間町3の市道で乗用車を運転中、近くに住む無職清水登代子さん(87)に衝突し、そのまま逃走したとされる。清水さんは意識不明の重体。
 署によると、「怖くなって逃げた」と容疑を認めている。事故後、知人に促されて署に出頭した。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧