コロナかな?と思ったら… 名古屋市内態勢まとめ

2020年11月22日 05時00分 (11月22日 05時00分更新) 会員限定
 名古屋市内でも新型コロナウイルス「第三波」の感染拡大が進み、十九日には最多の百十六人の感染者が確認された。「市内のどこで感染してもおかしくない」(市幹部)状況の中、もし疑わしい症状に気付いたら、どこに相談すればいいのか。PCR検査は受けられるのか。万が一陽性となった時はどうなるのか。市内の態勢をあらためてまとめた。
 まず、発熱などの症状があった場合。市は、ふだん病気になった際などによく利用するかかりつけ医への相談を勧めている。
 かかりつけ医がいなかったり、どこの医療機関に行けば良いのか分からなかったりする人については、二十四時間体制で電話相談を受け付ける専用のコールセンター「受診・相談センター」が、今月九日から受け付けを始めた。電話対応には主に看護師が当たる。
 かかりつけ医やコールセンターでは症状や感染者と接触歴があるかなどを丁寧に聞き取り、唾液や鼻の粘膜を検体として使うPCR検査を受けるべきかどうかを判断する。
 「検査が必要」と伝えられた場合はどこで検査できるのか。市は八月以降、市内の民間診療所に検査への協力を呼び掛けてきた。現在は、歯科を除く市内の医療機関の三分の一に当たる七百二...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧