小さなツリー、冷凍ケーキ宅配 コロナ禍のクリスマス商戦

2020年11月22日 05時00分 (11月22日 05時00分更新) 会員限定
小さなクリスマスツリーやプチ雑貨が並ぶ特設コーナー=長浜市八幡中山町のココイロギフトマーケットで

小さなクリスマスツリーやプチ雑貨が並ぶ特設コーナー=長浜市八幡中山町のココイロギフトマーケットで

  • 小さなクリスマスツリーやプチ雑貨が並ぶ特設コーナー=長浜市八幡中山町のココイロギフトマーケットで
 クリスマスの雑貨やクリスマスケーキの商戦が県内でも本格化してきた。各事業者は新型コロナウイルスの感染拡大で、自宅で家族とゆっくりと過ごす場面が増えると見ている。場所を取らずに飾り付けられる小さなクリスマスツリーや、取り分けずに食べられる小分けのケーキ、来店せずに買うことができる商品の品ぞろえに力を入れている。
 生活雑貨などを取り扱う「ココイロギフトマーケット」(長浜市八幡中山町)は、高さ約三十センチのツリー(税抜き千六百円)やLEDで光るクリスマスオブジェ(三千八百円)などを特設コーナーに並べた。
 「大人数が集まるパーティーなどを自粛する動きが商品の仕入れに影響している。雑貨は『プチ雑貨』が中心」と話すのは、運営会社「わたなべ陶器」の渡辺浩之社長。「高級キノコのポルチーニを使った三百〜五百円台の粉末スープの詰め合わせなど、家族と自宅で楽しむ食品の売れ行きもいい」と笑顔を見せる。
 総合スーパーの平和堂(彦根市)は、複数の小さなケーキをホールケーキのように並べた商品や、冷凍したケーキの宅配サービスに力を入れている。
 同社はホームページにカタログを掲載し、十二月十五日まで予約を受け付ける。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧