巨人が初戦落とし日本シリーズ通算6連敗…必勝期しエース菅野が先発もまさかの4失点で撃沈

2020年11月21日 21時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回表に4点目を失い、厳しい表情でベンチに戻る巨人・菅野=京セラドーム大阪で

6回表に4点目を失い、厳しい表情でベンチに戻る巨人・菅野=京セラドーム大阪で

  • 6回表に4点目を失い、厳しい表情でベンチに戻る巨人・菅野=京セラドーム大阪で
◇21日 SMBC日本シリーズ第1戦 巨人1―5ソフトバンク(京セラドーム大阪)
 巨人がエースで初戦を落とし、日本シリーズ通算6連敗となった。
 第1戦はセ、パ両リーグの最多勝対決。“必勝"を期した先発の菅野智之投手(31)が先制2ラン被弾を含め、ソフトバンクの栗原に4打点を許し、6イニング87球で敗戦投手となった。
 一方の攻撃陣も4回無死一、二塁の好機で丸が遊ゴロ併殺に倒れるなど、制球が不安定なソフトバンクの千賀滉大投手(27)を打ち崩せず、完敗を喫した。
 昨年の日本シリーズは第1戦から4連敗で完敗しており、ソフトバンクには5連敗。楽天と対戦した2013年の第7戦から日本シリーズ6連敗となった。長い球団史でも、西鉄と対戦した1958年第4戦から南海と対戦した61年第1戦までに喫した9連敗以来の屈辱だ。
 近年の日本シリーズはパ・リーグが圧倒。13年の楽天に始まり、ソフトバンク2連覇、日本ハム、ソフトバンク3連覇とパが7年連続で制しており、セ・リーグで日本シリーズを制したのは、12年の巨人が最後となっている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ