ソフトバンク・周東8回の初出塁で観客席は早くもザワザワ…日本シリーズ初盗塁期待通りに決めた!

2020年11月21日 21時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回表無死一塁、打者中村晃のとき、周東が二盗を決める

8回表無死一塁、打者中村晃のとき、周東が二盗を決める

  • 8回表無死一塁、打者中村晃のとき、周東が二盗を決める
◇21日 SMBC日本シリーズ第1戦 巨人―ソフトバンク(京セラドーム大阪)
 ソフトバンクのスピードスターが日本シリーズ初盗塁を決めた。
 今季50盗塁の周東佑京内野手(24)は3打席凡退の後、8回の第4打席に四球を選んで出塁。この段階で観客席は早くもザワザワ…。続く中村晃の打席で左腕・高橋の6球目にスタートを切り、二盗に成功した。
 さらに中村晃の適時打で5点目のホームを踏んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ